シンフォニック = レインの公式ページはこちら

しろ再監修による、HD EDITIONとして蘇る!

時は晩秋、11月中旬――プレイヤー(主人公)は音楽学校の器学科3年生で卒業年度を迎えており、卒業までの残り3ヶ月間が、ゲーム終了までのプレイ期間となります。

主人公には、卒業課題であるオリジナル曲の制作が科せられております。

1月半ばに行われる、卒業課題の発表会では、必ず声楽との合奏であるのが条件となっているので、歌を担当してくれるパートナーを見つける必要があるのですが、主人公は依然として、そのパートナーさえも決まってません。

プレイヤーは発表会が開催される1月半ばまでに、評価に値するオリジナル曲を完成させると共に、歌担当のパートナーを見つけることがこのゲームの目的です。

ゲームは『アドベンチャーパート』と、『音楽ゲームパート』の2つで構成されています。

通常時は移動マップ上でプレイヤーの現在の場所を移動し、その先々起こる物語を読み進めながらゲームは進みます。

また、物語の流れの中で、アドベンチャーゲームパートから音楽ゲームパートへと切り替わることがあります。

音楽ゲームパートとは、前作『エンジェリック・コンサート』『AS~エンジェリックセレナーデ』でお馴染みのミュージックアクションゲームで、画面上に流れてくる音符に書かれた文字と同じキーボードのキーをタイミングよく押す、というものです。

期間でのプレイヤーの選択や、音楽ゲームパートの結果などの条件によって、さまざまなエンディングを迎えることになります。

基本情報

基本データ
対応OS Windows:Vista/7/8
動作環境 対応するOSに準ずる
シリーズ シンフォニック = レイン
メーカー 工画堂スタジオ
ジャンル アドベンチャー(全年齢向け)
ゲームジャンル アドベンチャーゲーム

登場人物

トルティニタ・フィーネ

トルティニタ・フィーネ
声優:中原麻衣

クリス(主人公)の恋人の妹で本作のメインヒロイン

クリスと同じくピオーヴァ音楽院に在学。声楽科の三年生です。

アリエッタ・フィーネ

アリエッタ・フィーネ
声優:中原麻衣

クリスの恋人で、トルタとは双子の姉妹の姉(一卵性双生児)

クリスとの交流は、時々交わされる手紙のやり取りのみとなってしまっている。

リセルシア・チェザリーニ

リセルシア・チェザリーニ
声優:折笠富美子

音楽学院に通う、クリスの後輩に当たる下級生。

普段は殆んど喋ることもなく、とても大人しい女の子で、少々、心を閉ざした感があります。

音の妖精 フォーニ

音の妖精 フォーニ
声優:笠原弘子

クリスの暮らすアパートの部屋に居候している音の妖精。身の丈14㎝弱程しかなく、クリス以外の人にはその姿は見えず、触れることすら出来ません。

コーデル

コーデル

クリスとアーシノの個人レッスンを受け持つピオーヴァ音楽学院の講師です。

厳しくはありますが、潔白で、学院の誇る数ある優秀な講師の中でも評判が高く、受け持ちの生徒からは慕われています。

ニンナ

ニンナ

トルタとアルの祖母で、音楽をこよなく愛するために老いてからこの街に移り住み、今は音楽学院に通うトルタを二階に住まわせています。

グラーヴェ

グラーヴェ

ピオーヴァにその名を轟かせた名門貴族の当主であり、また著名な音楽家でもあります。

ピオーヴァ音楽学院で三年生を対象とした特別講義を受け持ちます。

作品あらすじ

雨が止むことなく降り続ける街ピオーヴァは、音楽家を夢見る若者達が集う、音楽の街でもありました。

クリス=ヴェルティンは、恋人のアリエッタが暮らす生まれ故郷の田舎街から遠く離れ、彼女の双子の妹トルティニタと共に、街のシンボルであるピオーヴァ音楽学院に通っていました。

魔導奏器フォルテールの奏者、フォルテニストになることを目指し、クリスがこの街に来てから2年以上の月日が流れ、季節は冬……。

あと数ヶ月で卒業を迎えるクリスは、フォルテール科の卒業課題として、一月半ばの発表会で、歌唱担当のパートナーと共に、オリジナル曲を合奏しなければなりませんでした。

しかしクリスは、未だにそのパートナーさえ決めようともせず、ただやる気のない毎日を送り続けていました。

週に一度届く恋人からの手紙と、この街に引っ越して来たときに出会った部屋の居候、身の丈14センチほどの小さな音の妖精フォーニが、彼の世界のすべてでした。

雨―――

いつまでも、止むことなく降り続ける雨。

雨音が奏でるメトロノームにのせて、魔導奏器フォルテールの音色を響かせましょう。クリスの奏でる音色と、音の妖精フォーニの歌声が重なり、響き渡る時、何かが起こるのでしょうか?

……さぁ、妖精の歌を奏でましょう。